アダルト掲示板に、当たり障りのない書き込みをしてみたところ、その翌日にそれはそれは大層高飛車な女から連絡が来ました。まず一言目に「いつ会える?」と書いただけのメール。なんだかワクワクしますね。完全に僕の事を馬鹿にしているんでしょう。普通なら腹立たしく思うところですが、上から目線の女を肉便器にすると思えばこういうメールもありがたいものに感じてきます。それに写真が載っていたので見てみると、とんでもないギャル女の顔がそこにはありました。今風に写真を撮っているのかわかりませんが、ちょっとうつむいた角度でポーズを決めて、まるで売れっ子キャバ嬢にでもなったかのような写真です。その姿を見て益々願望を書きたてられました。

 

それからそのギャルとメールを何度かしていくうちに、ポイント代がもったいないような気がしてきたので、LINEの交換をしてほしいとお願いしました。そしたらそのギャルは「悪用すんなよ」とさらに上から目線で言いながらLINEを交換してくれました。今のうちに調子に乗らせてもっと高飛車にさせておこうと思いました。それからLINEで何度か連絡を交わし、その翌日に会う事に決定。僕は相手をいい気にさせるために、普段以上にモテないタイプの男を演じました。

 

すると作戦通りそのギャルはどんどん上から目線になっていき、しまいには「会ってすぐにセックスできると思うなよ。あんたの事を私が気に入ってからな」と言い始めました。いい調子です。そうやって僕の事を馬鹿にしていればいい。きっと僕の肉便器にしてあげるから。自由なのも今のうち。僕は待ってましたと言わんばかりにこの女を自由にさせました。しかしここまで高飛車でヤリマン、そして尻軽な女がいるなんてどうかしていますよね。親はどうやって教育してきたんでしょうか。肉便器や性奴隷じゃなかったら、絶対に接点を持ちたくないタイプの女ですよね。まあいいです。僕の都合のいいようにヤリまくるだけですから。

 

肉便器が多数書き込みしている、掲示板サイト
肉便器を見つけたサイト
ここで知り合ったヤリマンとセックスしまくっています