性奴隷をネットで見つけた体験教えます

性奴隷をネットで見つけた体験教えます

はじめまして、大学3年生の石田といいます。僕には今、なんとしても実現させたい目標があります。目標というよりかは、願望と言ったほうが正しいかもしれません。どんな願望かというと、ヤリマンな女を肉便器にして性奴隷のように扱いセックスをしまくりたいという願望です。いきなりこんな事を言うと驚かれるかもしれませんね。とんでもない変態でどうしようもない男だって思われるかもしれません。まあ、そう思われても構いませんけど、一応僕は普通の大学生ですのでご安心ください。別に性犯罪を犯そうとかそういう事は考えていませんので。

 

ではなぜ僕が肉便器を求めているかと言いますと、それは去年別れた彼女が原因なんです。僕は友人の紹介で彼女と知り合いました。とても純粋な第一印象だったので、ひと目で惚れてしまいました。それから何回かデートを重ね付き合う事になったんです。その時は本当に素敵な彼女が出来て幸せだって思っていました。しかし付き合って半年ほどたった時に、彼女に浮気されてしまったんです。というよりか、彼女はいわゆるヤリマンで尻軽女だったようで、僕と付き合った当時から色々な男と浮気していたみたいです。僕が気が付かなかっただけだったようです。

 

それからです、僕がヤリマンな女を肉便器にして性奴隷のように扱いたいという願望を抱くようになったのは。隠していても仕方がないので初めに言っておきますが、僕を裏切ったヤリマン彼女に仕返しをしてやりたいと思うようになったんです。でも元カノと会う機会はないので、同じように尻軽な女を探して肉便器にしてやろうと思うようになりました。名誉のために言っておきますが、別にレイプしてめちゃくちゃにしてやりたいと思っているわけじゃないんです。お互いの合意の元セックスをして、僕の願望を叶えたいというだけなので勘違いしないでくださいね。

 

でもそんな関係になれる女の子と知り合いになる機会なんてありません。それでも何としてでも尻軽女を肉便器にするというこの願望だけは叶えたいと思っています。

 

肉便器が多数書き込みしている、掲示板サイト
肉便器を見つけたサイト
ここで知り合ったヤリマンとセックスしまくっています

 

自己紹介
名前:石田
性別:男性
年齢:21歳
職業:大学3回生

 

都内の某有名大学で物理学を専攻している3回生。つい最近まで付き合っている彼女がいたが、彼女がヤリマンだったため浮気されて別れた。女性経験はその彼女たったひとり。性格はどちらかというと内気で化学オタク。そのためあまり女にモテるタイプではない。その上理系の大学なので女子が少なく出会いがない。同級生の女子はみなリケジョなので性的対象には程遠い。元カノのようなヤリマンを肉便器として扱いやりまくりたいと考えている。

性奴隷をネットで見つけた体験教えます記事一覧

すみませんいきなり肉便器やら性奴隷といった言葉を使ってしまって。驚いた方もいるでしょう。でも前にも言ったように僕は普通の大学生なので心配はいりませんよ。ただただちょっと性欲が歪んでしまっただけですから。それに肉便器やら性奴隷が欲しいといっても、実は僕、あまり女性経験がないんです。実際にセックスをした経験というのは例の元カノだけなんです。普通大学3年生になったら、もっと女性経験があってもおかしくはあ...

どうしたら肉便器にふさわしい女と出会えるのか、毎日のようにそんなことを考えていました。そしたらたまたまある女のことを思い出したんです。その女の名前は杏奈。一応中学時代の同級生です。この女は吹奏楽部の部長を務めていていわゆる優等生。見た目も派手ではなく真面目な感じの女でした。だけど隠された一面があったのを僕は知っています。実は杏奈、見た目に反してもの凄い尻軽で、中学3年生の時から不良グループの男たち...

中学3年生の時から肉便器にされていた杏奈の事を思い出していたら、当時杏奈のことを肉便器にしていた男の幼馴染の事も思い出しました。そいつの名前は久保田。同じ学校で不良グループに属していたちょっと悪い幼馴染です。僕はそのグループには属さずに至って真面目な中学生活を送っていたんですが、久保田とは家族ぐるみの仲だったし、家もものすごく近所だったこともあり、グループは違えど結構仲良くしていました。他の不良た...

僕は同級生たちに肉便器にされていた杏奈と、杏奈を肉便器にしてヤリまくっていた久保田の事を思い出し、今までの願望にさらに拍車がかかりました。今までは尻軽女を性奴隷にしたいと思ってはいたものの、出会い方も分からないしきっと無理だと半分あきらめていた部分もあったんです。だけど二人の事を思いだしたら、中学生でも出来たのに、大学生の僕にできないはずがないと思うようになりました。実際中学生の時よりも男も女も大...

肉便器にふさわしい女が欲しいという願望が爆発寸前になっていたある日、うちの母から久保田が久しぶりに実家に帰省しているという話を聞きました。僕はナイスタイミングだと思い、久しぶりに久保田の実家へ顔を出しました。すると久保田の母親が出てきたのですが、張本人は父親と飲みに出掛けてしまったと聞かされました。せっかく久々に会えて肉便器の話を出来るかと思っていたのにとても残念です。すると久保田の母親がそんなに...

結婚をして子供がいるにも関わらず、いまだに昔のように尻軽女を肉便器にしてヤリまくっている久保田。僕はこの男最低だなと思いながらも羨ましくて仕方がありませんでした。そんな久保田に比べていったい僕は。満足に彼女もいないしセックスをしてくれる相手もいない。この差は一体なんなんでしょう。悔しいやら羨ましいやら複雑な気持ちになりましたが、そんな感情は捨てて久保田にどうにか女との知り合い方を教えてほしいという...

自分の願望を全て包み隠さず久保田に話した甲斐がありました。お陰でネットで肉便器を探すためのサイトを教えてくれることになりました。これでようやく僕の願望も成就しそうな気がします。しかしいきなり真面目な顔になった久保田。何を言いだすのかと思いきや僕にあらかじめ注億しておきたいことがあると言いだしました。どんなことか気になっていると「ネットで女と会う場合危険な一面もあるから気を付けろ」と言いだしました。...

しかしながら僕は何で久保田が詐欺サイトに数万円ものお金をつぎ込んでしまったのか理解に苦しみました。だって使っていて詐欺サイトだと気は付いた時点で使うのをやめれば被害はもっと少なく済んだはずです。それなのに数万円ものお金を使うまで気が付かなかった理由が分かりませんでした。しかし久保田の話を最後まで聞いてるうちに、そんなことなら自分も同じように騙されていたに違いないと思うようになりました。久保田が騙さ...

久保田が騙されたことを知り、正直僕はネットで肉便器を探すのを止めようかと思いました。だっていくら久保田が教えてくれたサイトだとはいえ、もしかしたらたまたま久保田が運が良かっただけかもしれません。だからもしかしたらそのサイトでも、僕にはサクラがつく可能性だって否定できませんよね。正直怖くなってしまったんです。だけどそんな不安げな表情を見て久保田は「安心しろ」と言いました。聞くところによると久保田が僕...

僕は久保田に教えてもらったハッピーメールとワクワクメールとPCMAXに早速登録しることにしました。登録といってもプロフィールを作成して、安全のために電話番号とメールアドレスの認証をしてもらうだけ。あ、あとひとつ免許証を写真で撮ってメールで送るという作業がありました。これは年齢を確認するためのものみたいですよ。とはいっても生年月日と発行元だけをみせればいいので、個人情報が悪用されるような心配はありま...

日本最大級のコミュニティーサイトには、尻軽女がたくさんいるという事がわかり、さらに欲望をかきたてられた僕は、早速アダルト掲示板に書き込みを開始しました。もちろん既に書き込みがある女にメールを送っても良かったんですけど、主導権を握りたい願望があるので、まずは自分の書き込みに反応を示した女にターゲットを絞ろうと考えました。先に言っておきますが、一応僕は「性奴隷募集」とか「肉便器募集」なんていう書き込み...

アダルト掲示板に、当たり障りのない書き込みをしてみたところ、その翌日にそれはそれは大層高飛車な女から連絡が来ました。まず一言目に「いつ会える?」と書いただけのメール。なんだかワクワクしますね。完全に僕の事を馬鹿にしているんでしょう。普通なら腹立たしく思うところですが、上から目線の女を肉便器にすると思えばこういうメールもありがたいものに感じてきます。それに写真が載っていたので見てみると、とんでもない...

LINE交換をした高飛車ギャルと会う当日。僕はやはり小心者です。肉便器にしてやるとか、自分の都合が良いように高飛車な女を調教してやるというものの、実際に会うとなったらもの凄く緊張してしまいました。そのせいかその日は朝からお腹を下すし吐き気はするし最悪なコンディションでした。しかしせっかく念願かなって尻軽女と出会うというのに体調を理由にキャンセルするわけにはいきません。整腸薬を飲んでしっかり体を洗っ...

はじめてのセックスはされるがままに終わってしまいましたが、実はそれからも何度もそのギャルと会い、セックスをするようになりました。いわゆるセフレの関係にはなれたわけです。相手のギャルも物好きなものです。他にいくらでもセックスする男が良そうなものなのに、なんだか僕の事を気に入ったみたいで、二日に一回くらいLINEを送ってきては会えないかと誘ってきます。どうやら僕はこの高飛車で尻軽なヤリマンギャルに偉く...

トップへ戻る